AR映画と観光の融合

僕のiPhoneは3Gなので、電子コンパスがない。
なので…このアプリがまともに使えるかどうか…

 ローソンエヴァンゲリオンARアプリ
 http://itunes.apple.com/jp/app/id361106298?mt=8

でね、ここから空想してみたのですが…

例えば、
 ・iPadクラスの大きさ があり
 ・外向けカメラ と
 ・電子コンパス と
 ・傾きセンサー があるデバイスがあったら…

それを街にかざすことで観ることができる『AR映画』が登場するのではないか…と。
アニメでもいいし、怪獣映画でもいい。
今、自分が立っている場所から、舞台になっている地域に向けて、そのデバイスをかざしてみる事で、画面の中には風景と一緒に『AR映画』が上映されている。

遠くで観れば遠くにあるように、近くで観れば近くであるように。
あたかも、デバイス内の画面の中には、その出来事が進行中のように鑑賞することができる。

これは「新しい観光」を生み出す可能性がある。

リアリティを追求した怪獣映画「クローバーフィールド」を、自分自身がその街中で体験することができるのだ。

どこかで創るだろうな…たぶん、僕が空想できちゃうくらいなんだから…
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-04-24 16:13 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 「まずは、日本の図書館をやばく... 山中湖情報創造館(YAMANA... >>