動画デジカメを考える...

未来の映像は「デジタルと知恵」-映像作家・大林宣彦さんを読む。なるほど...21世紀はデジタル映像の時代と言うが、技術はデジタルでもハート(創造性の根っこみたいなもの)は、8mmフィルムの時代に通じるのかもしれない...例えば20世紀のビデオは、ビデオカメラも編集機器も高価だったし、個人の手の届くところにはなかったように思う(一部のアマチュアを除いて)し、プロ用の機材などは信じられないくらい高価だった。しかしそれに比べて、昨今のPCの価格、ビデオカメラの価格、そこから創られる映像のクォリティを見れば、びっくりするほどの進化であり、さらに動画デジカメを視野に入れれば、誰もが安価に映像を創る...というよりも、「編集で語る」ことができるように思えてきた。
 QVGA(320x240)/15fpsの映像ですら、「編集で語る」ことは出来るのように思えてきた。そう考えると、miniDVを中心とした(アマチュア)映像文化を長尺記録用(運動会や子どもの発表会)と捉えるのに対して、最初から「編集ありき」の映像を創ることが、動画デジカメの根っ子にあるように思えてきた。また、映像によるスナップなんていうのもありだろうし、このBlogがgif,jpegの静止画がレイアウトできるように、mpgなどの動画がレイアウト出来る日も、そう遠くないように思う。
 ふむふむ、動画デジカメあなどりがたし...
 もしも小学生あたりに、MotionPixなど使わせたら..「メディアリテラシーだ!」なんて小難しいこと言わなくても、それなりの素養ができてしまうかもしれない。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2004-09-18 22:16 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 戦国自衛隊1549 マルチレゾリュージョン時代 −... >>