「ほっ」と。キャンペーン

Code4Lib JAPAN lift off!

Code4Lib JAPAN 代表の丸山です。

ほほほ、ついにその日が来ました。
今日8月28日は、図書館がデジタル技術に大きく一歩前進する日となります。

これまでにも、図書館員を対象としたデジタル系/ICT系のスキルアップのための取り組みはたくさんありましたが、ここまで実践的で、ここまで持ち帰り即サービス開始(場合によっては上司の決裁が必要ではありましょうが…)となる、実践的スキルアップを目指す集団はなかったように思います。

私たちは、日本の図書館にICT技術を担える人材を増やしていく事で、とかく諸外国の図書館から何年、何十年も遅れている…と指摘されがちな日本の図書館に対し、いやそうじゃないんだ。スキルを持っている人材も居るし、ちょっと背中を推してあげれば大きく成長する人材も決して少なくないんだ…ということに気がついたのです。

そのための団体を組織しよう、孤軍奮闘している人たちをネットワークし「一人じゃないんだよ」感をもって日々の業務にいそしんでもらおう。そしてまた、普通にウェブにあるサービスも図書館に取り込めばコストもかけずにこんなことまでできるんだよ〜を体験/体感して欲しい。さらに図書館の管理職の方や上層部に対しても、あまたある民間のインターネットサービスを公的機関でも取り入れても大丈夫。と言って上げたい。

ぜひ、私たちの活動に注目してください。
そして、一緒にこの日本の図書館を、ICTで変えていきませんか?

ランガナタンは言いました。
「図書館とは成長する有機体である」と。であるならば、こうも言えるのではないでしょうか。

 「成長する有機体でなければ、図書館とは呼べない」

…と。

Code4Lib JAPAN Lift Off。デジタル情報の最前線へ。
8月28日(土)14時より品川にて開催します。
http://d.hatena.ne.jp/josei002-10/


もちろんUSTREAMによる中継もあります。
http://ustre.am/n2vL

twitterアカウント
http://twitter.com/code4libjp

ハッシュタグは #c4ljp です!

※Code4Lib JAPANは、財団法人図書館振興財団 平成22年度助成事業に採択されました。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-08-28 00:49 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by After内藤 at 2010-08-28 19:14 x
 対偶命題なので論理的に正しいです(笑)。
<< Apple製品を導入しない図書館 コンテンツの3つの形態 >>