これからの図書館経営理念

大学の司書課程の中には、『図書館経営論』などというもっともらしい科目があったりする。
誰かが書いていたが、「司書」になる人で「館長」を目指す人なんて、ごくわずかで…しかも、キャリアを重ねたからといって成れるものではないらしい(ごめんね、こんな僕が館長になっちゃったりして…)。

とある図書館のとある指定管理者公募に参加中。
まだ詳細を公開できないけど、その事業計画を作成していて、僕たちはこれからの図書館経営に必要不可欠な…経営論でなく、経営理念にたどり着く事ができた。

…いやぁ…できたんだけど、それって、普通の町中の中小企業の社長でも持っている経営理念なんだよね。正直なところ、いまさらこれば「これからの図書館の経営理念」ですぅ〜!なんて、ちょっと恥ずかしくて言えない…よ。

…と、言う訳で…ここにはまだ書きません。
…っていうかぁ、そんなことも語らずに来ちゃった図書館経営論/図書館経営理念のあり方って、いったい何なんだろう。あえていえば、教室で教える『図書館経営理念』はあっても、新人図書館長向けの研修はあっても…そもそも『図書館経営理念』って、実は誰も教えてはくれなかった様な…気がしますよ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-10-19 01:24 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 明日はプレゼン 図書館にもCEPA(セパ)を!... >>