韮崎市立図書館指定管理者、次点。

先月のあの日…そうこの記事を書いた翌日までは、意気揚々。

 ・明日はプレゼン

…だったのですが、闘い終わって結果を見れば、くしくも次点、第2位。すなわち…落選でした。
発表の詳細はこちら。

 ・指定管理者制度|韮崎市オフィシャルページ
 ・韮崎市立図書館指定管理者の候補者の選定について(PDF)

すでにご存知の方もいらっしゃることだとは存じますが、私どもNPO法人地域資料デジタル化研究会は、山梨県の公共図書館において2例目となる韮崎市立図書館の指定管理者に応募しました。事業計画書を書き、プレゼンテーションを行い…やるだけやった感は、十分にあったので、結果は結果として事実に向き合わなければなりませんが、その課程において NPO法人が指定管理者として公共図書館の管理運営を担う事…を改めて考えを深めることができました。

協定期間は5年間。
あきらめたら、そこが終点。5年後にはチャレンジャーとして挑戦する…かもしれませんよ。

※ 9月、10月は、上記のための事業計画の作成やらプレゼンテーションやらで、だいぶ時間をとられてしまいました。結果もでたことですので、あらためて今やるべきことに取り組んで行きます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2010-11-06 21:50 | デジ研 | Comments(0)
<< 「新しい公共」による公共図書館 いろいろと書きたい事、書かなく... >>