電子図書館ソフト“Greenstone”に注目中。

少し古いカレントアウェアネスの記事。

 ・オープンソースの電子図書館ソフト“Greenstone”インストールマニュアル(カレントアウェアネス)

図書館における電子図書のダウンロードサービスをもって、「電子図書館」だ!と言っている事例もありますが、電子書籍はクラウド、ライセンス契約、契約終了とともにアクセスできない電子書籍…ということでは、図書館の機能である「収集・保存」ができない電子図書館が生まれてしまうだけである。

かといって、図書館が電子資料/デジタル資料を扱うためには、どのような「書架システム」が必要か…これはとても難しい課題。すでに複数の『デジタル・アセット・マネジメント(DAM)システム』が存在しているけど、OPAC以上のシステムを使った事がない現場、導入費用もばかにならない…ということで、躊躇しがちだ。

そこで、この Greenstone は、ユネスコの支援を受けてニュージーランドのWaikato大学が開発しているオープンソースの電子図書館ソフト。つまり無料で導入できるソフトウェアなのだ。

マニュアルの日本語化はすでに某機関で取り組んでいるらしい。
ちょっとした注目のシステムだと、僕は思うね!

【参照】
 ・Greenstone Digital Library Software
 ・Greenstone (software) Wikipedia

【用語解説】
 ・DAM (digital asset management) @IT情報マネジメント用語辞典
 電子書籍に限らず、テキスト、ドキュメント、音声、画像、動画などのデジタルデータを資産として管理するシステム。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-05-26 14:09 | DigitalArchives | Comments(0)
<< 「図書」のカタチ  flickrを図書館で! >>