陸前高田〜大槌町へ

僕が所属しているNPO法人地域資料デジタル化研究会として、小林是綱理事長と7月7日の夜に山梨県・石和を出発し、池袋発の夜行バスにて盛岡に行きました。
8日の早朝に盛岡駅前に到着、岩手県立図書館に立ち寄り後、レンタカーを借りて陸前高田市へ。
教育委員会の方とのミーティングの後、被災した地域資料が集められている山間の小学校に行き、資料の復旧の作業を見せていただきました。その後、陸前高田市の市民図書館(隣が博物館、公民館、体育館)に。
陸前高田市立博物館・陸前高田市立図書館・陸前高田市立体育館 2011.07.08
8日の夜は遠野市内のホテルにて一泊。9日は大槌町に出向きました。大槌町では大槌町教育委員会事務局/生涯学習課長/中央公民館長/城山公園体育館長/図書館長/B&G海洋センター所長である佐々木さんとお話しする機会を得て、小林理事長とともに山梨県のNPO法人地域資料デジタル化研究会として何ができるのかを、検討しながら被災した図書館を拝見させていただきました。
大槌町立図書館 201107.09

NPO法人地域資料デジタル化研究会としてのミッションは、3つに絞り込み取り組む事になりそうです。

それにしても、あの震災から四ヶ月になろうとしている時期ではありましたが、ガレキは分別され回収が進んでいるものの、復旧/復興にはまだまだ遠く、本当に長期にわたる支援が必要なのだなぁ…と、実感してきました。

 東日本大震災 被災地の記録 flickr
[PR]
by maruyama_takahiro | 2011-07-24 00:33 | DigitalArchives | Comments(0)
<< なぜ、東日本大震災だけがアーカ... 【期間限定公開】指定管理者時代... >>