財団法人キープ協会 環境教育事業 20周年

a0001068_2265626.jpg

今日は、古巣(?)である八ヶ岳に行ってきました。写真にもあるとおり、「財団法人キープ協会 環境教育事業 20周年」の記念式典や記念行事:講演会&ミニライブへの参加です。
昨年の3月に八ヶ岳を離れて以来、11ヶ月ぶりの清里でした。
懐かしい人たちに会えたことも嬉しかったですが、子ども成長と、知人のみなさんの頭には白いものが増えたこと...丸山にとってのこの一年は、実はとても大きな一年だったのだなぁ、なんて感じました(外からみた丸山もきっとオヤジになっていることと思いますが...)。

それにしても、財団法人キープ協会はすごいです。
特に配布された資料の中にあった、新しい事業への取り組みのスケールの大きさ(施設のスケールという意味だけでなく、取り組もうとしているミッションの大きさ)に、もう脱帽・脱力、とうていこの人たちにはかなわない(勝負をするわけではないのですが)...と感じてしまいました。

常々、丸山は、NPO活動の目指すべき2つのモデルのうちのひとつは、このキープ協会にあると思っているのです。この財団、そんじょそこらのお役所が天下りに作った財団とは、訳が違いますから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-02-20 22:15 | NPO | Comments(2)
Commented by kiyo-ricci at 2005-02-25 03:43
丸山さん こんにちは
財団法人キープ協会・・そうだったんですか。
実は、今度この協会とちょっとおつきあいする可能性が出てきて・・といっても、kiyo-ricciは直接は関与しないのですが。
いいお話を聞きました。見習いたいです。
Commented by maru3 at 2005-02-25 08:32 x
> kiyo-ricci さん
おつきあいする可能性って、「環境教育」ですか?「森のようちえん」かなぁ。はっきり言ってKEEPに関わると人生変わりますよ。
清里のお帰りには、ぜひ山中湖へ(って方向が逆だってば...)
<< オススメサイト: 猫はKOBA... 【映画】「鉄人28号」 >>