【報道】授業でアニメ・CM制作、経産省がプロジェクト

経済産業省が、小、中、高校の授業で、アニメーションやコマーシャルの制作などを通じ、企業などで働く意識や関心を持ってもらう「キャリア教育プロジェクト」を始めると発表したようだ。文部科学省にまかせては置けない...とでも考えたのだろうか。
この報道から推測するに、3つの目的を抱き合わせている。
1. 映像制作を通じたメディアリテラシーの向上
2. コンテンツビジネスへのステップ(未来の映像作家育成)
3. ニート対策
である。

授業でアニメ・CM制作、経産省がプロジェクトYahoo! Japan News / Yomiuri On-Line

『地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト』 PDF /総務省
よくみると、アニメやCM製作だけではないですね。いろ〜んなキャリア教育プログラムが実施されるんですね。学校だけじゃなくて、図書館や生涯学習施設でもできないかなぁ。
すでに学校を卒業した人たちがニートなんだから。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-06-03 23:55 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by 内藤 at 2005-06-04 03:46 x
 そりゃそうだ。学生は自動的にニートじゃないのに、何考えてんでしょ。
<< 「となり町戦争」 「戦国自衛1549 オフィシャ... >>