劇場映画「戦国自衛隊1549」

いよいよ、明日から公開になります。

・劇場映画「戦国自衛隊1549

サウンドトラックを聞きながら...イメージを膨らませてます。

戦国自衛隊1549 オリジナル・サウンドトラック
サントラ / ビクターエンタテインメント
スコア選択: ★★★★
---- ---------
a0001068_029224.jpg

この写真をだすのは、思いっきり恥ずかしいですが....
エキストラとはいえ、参加できた映画って....いや〜、愛着ありますよ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2005-06-10 12:16 | まるちゃんの趣味 | Comments(8)
Commented by jato114 at 2005-06-10 21:28
maruさん
情報ありがとうございます。
早速、彼女のトコに行きまして、
足跡を置いておきました。
「戦国自衛隊1549」いよいよ、明日公開ですね。
行くのですか?明日。
私は、日曜日かな。
Commented by maruyama_takahiro at 2005-06-11 00:36
控え室では、北村一輝さんとか、綾瀬はるかさんとか、今思えばいろんな方にお会いしました。綾瀬さんの役者根性はすごかったですね。

天母城のオープンセットでは、オールキャストでしたよ。
参加したときはちょうど、飯沼七兵衛(北村さん)が、斎藤道三(伊部さん)に直談判するところとか、偵察警戒車が突入するための細工をしているところとか(夕方の時間切れで翌日撮影...)。
 またチャンスがあったら、エキストラに参加したいですね。

※次は、ガメラか?
Commented by jato114 at 2005-06-11 11:27
maruさん
もう、すばらしい!
皆が、一つの目標に向かって・・・・なんて、
もう、感動ですよ。
Commented by Tony316 at 2005-06-11 14:43 x
カッコイイ!真剣、うらやましいいです。
私は来週のレディース・デーあたりを狙ってみてくるつもりです。
maruさんを探してしまうでしょうね。
Commented by maru3 at 2005-06-11 21:14 x
>jato114 さん
いやいや、もう四十のなにがし...というには、お恥ずかしい限り。
でも、最近やっと、世の中って、自分が思ったことをやってもいいんだって、まぁ、人生に遠慮がなくなった...ような感じですね。いや、お恥ずかしい限り。

>Tony316 さん
スクリーンからはまず判別不能。その他大勢の雑兵ですから。
それにしても東富士演習場内にできた天母城は、それはそれは圧巻でしたね。映像で[実写]+[ミニチュア]+[CG]の合成になりますが...う〜ん、初日なのにまだ見てない...今のところ14日(火)の予定です。
Commented by maru3 at 2005-06-14 17:30 x
やっと...観てきました。「戦国自衛隊1549」。
良かったですよ。最後の最後の大団円が...ちょっと協力団体さんが出過ぎ...の感じはありましたが、まぁ、角川映画ですから。

出来れば...「戦国自衛隊1549 外伝」シリーズとして
「濃姫と七兵衛」とか。
「的場と怜」とか..この二人の過去があるから...この物語なんだけど。
「藤介、天下を取る!!」とか。手に握られていたあのモノは。
...なんだか、タイムスリップって特別のことじゃなくて、たま〜にある自然現象なのかもしれないなぁ、って思ったりもしました。
それと...「過去で、生きている」という言い方をすれば、過去のすべての人間は、過去という時代で生きていることになるそ、「未来の60億を守る」という言い方をすれば、未来のすべての人間は、未来という時代で生きている...ことになる...なんかこんがらがちゃいますね。
Commented by jato114 at 2005-06-14 19:24
一足先に、6/12日に、見て来ましたよ。
もちろん、maruさんは、判別出来ませんが、
スクリーン中に、出演されてた・・・・・と、思うと、
妙に、羨ましかったですよ。
Commented by maru3 at 2005-06-14 22:25 x
確実にこのシーンに...というところでは、
七兵衛が、道三に再考を願うちょっと長めの台詞を言うシーンがありますが、あのシーンのときに、壁の外側に立ってました(内側だったら映ったのに...)。戦国時代言葉って...舌がまわらなくって...もう、何度も...。
...それにしても、あのラストシーン。あのシーンから現役さんを探しまくった方がおもしろいかも。
<< MS 古川享氏 退任。 北富士から応援してますよ!! >>