コミック無断配信サイト「464.jp」の運営者ら、著作権法違反の疑いで逮捕

おもしろいことを、する人がいる。

コミック無断配信サイト「464.jp」の運営者ら、著作権法違反の疑いで逮捕
確かに、現行法では「違反で逮捕」は正しいのだが...このままでよいのだろうか?と、考えてしまった。

例えば、音楽著作物は、JASRACのサイトを見ると
ネットワークに向かい合う、IT時代のコンダクター
音楽をより簡便にご利用いただくために、新システムの構築に取り組んでいます。

とし、個人のサイトでも、相応の使用料を支払えば、誰の楽曲でも使用することができます。
使用料早見表
例えば、個人のサイトでもダウンロード形式で、1曲ならば、月150円/年間1200円で“正当に”使うことができます。

それに比べて、
21世紀のコミック作家の著作権を考える会は、どんな活動をしているというのでしょうか?
誰でも、相応な金額を支払えば、誰のどのコミックも掲載できる...そんな時代は、実現しないのでしょうか?

突き詰めると...「文化は誰のもの?」に至のですよね。
一本の漫画だって、誰かの著作物の上に作られている...ものなのに。

※まぁ、JASRACの批判も耳にすることもありますが、IT時代に相応しい、使える著作権のために努力していることは、認めたいと思いますね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-02-14 22:58 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 電子メールは、偽造できるのです。 世界で初めて...以外はビリと... >>