電子メールは、偽造できるのです。

...なんだかな〜...
そんな簡単なことも...わからないのでしょうか?

地検次席検事「把握せず」・武部氏二男へ送金指示のメール問題 NIKKEI NET
自民幹事長二男への金銭振込み疑惑、公の場で指摘おかしい=首相 ロイター
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-02-16 21:51 | 日々是電網 | Comments(4)
Commented by _ at 2006-02-17 13:10 x
どうやって?
Commented by フォトボル at 2006-02-17 15:30 x
アタシャ、いつも、偽装メールアドから偽造メールやられてる。
Commented by maru3 at 2006-02-17 17:42 x
差出人を偽ることなんて、簡単だし
いっそのこと、テキストファイルで勝手にヘッダと文面を作って、プリントアウトして、「ほれ、証拠だよ〜」なんて出す事もできますよ。

これが、特定のソフトの特定のデータという関係...わかりやすい例では、特定の会計ソフトと売上げ情報みたいな関係ができているなら、多少偽造性も少なく、証拠となる得るかもしれませんが、電子メールは

・基本的にテキストファイルである。
・特定のメールソフトに依存しない。
・SPAMメールのように、差出人を偽ることができる

...たとえば、
webメールを差し押さえる...なんてことはできるのだろうか?
Commented by maruyama_takahiro at 2006-02-24 14:32
なんというか...ほらね状態ですね。
電子メールのプリントアウトそのものが、[証拠品]になることに、すっごく疑問でして、拘置所の中の方も、法廷では「電子メールは物的証拠にはならない」ことを主張するような...気がしますね。
<< ちょっと疲れが〜 コミック無断配信サイト「464... >>