私物のPC...できれば「手ぶらで出勤しよう」

海上自衛隊といい、裁判所といい、私物のPCを仕事に使っていることで、問題が発生している。
自分自身を振り返ってみても、思うことであるが、現場では[私物のPC]を使わざるを得ない状況が多々発生している。

理由としては...
・一人一台体制になっていない。
・あっても、古いPC...場所によってはマイクロソフトからサポートが打ち切られた、Win95マシンを使っている場合もある
・さらに問題なのが、データを自分のPCに保存してしまうことであり....
・パソコン仕事は、自宅に持ち帰ってもできる(自宅残業状態)
を放置しておくから、行政が守るべき個人情報が流出するのだ...と、考えている。

僕自身も仕事に、私物のiBookを使っているので、人のことは言えないが、事業所内の情報セキュリティ担当を、きちっと置かないと、この問題の解決は...かなり根深い。

...そう、目指すは「手ぶらで出勤しよう」...かもしれない。

----
ネットブートできるHDレス端末を、利用者のIDとパスワードで管理する。それによって、庁内のどの端末でも、座ったところが自分の席..にすることができるし、データ管理も、サーバ側で管理できる。もちろん、端末のHD内であろうと、FD,MO,USBメモリへの保存は、アクセス権がある人だけができるようにする....。
ひょっとしたら、そんなところからの情報管理が必要なのでは...ないだろうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-02-24 12:24 | 日々是電網 | Comments(0)
<< MT8.NE.JP...回線ト... EDIT64 〜知を再編集する... >>