【おススメ】 グーグル Google

グーグル―既存のビジネスを破壊する
佐々木 俊尚 / 文芸春秋
スコア選択: ★★★

あちらこちらで、紹介されていたので、読んでみました。
なるほど、この一冊の内容は、帯に集約されている

Google
破壊者か、
全能の神か


読んでいて思ったのだが、インターネットが登場し、HTMLが生まれ、Netscapeが生まれ、Yahoo!が生まれ...そしてGoogleが生まれ...常にその先に「これが技術革新の最後」と思われていながら、思いもよらないカタチで、また新たなモノが生まれてくる。 Googleですらそうではないだろうか。全能の神になるかどうかは別として、そうこうしている内に、必ず新しいモノが誕生し、Googleすらも旧体制に見える時代が来るように思うのだ。

さて、本書で一番気になったことがある...それは、
あとがきを、軽井沢の「星のや」で書いていることだ。あの星野佳路氏の宿である。

いつか、誰かの著書の中のあとがきで、
 200X年X月X日 山中湖「山中湖情報創造館」湖の見えるカウンターにて
とか書いてくれないだろうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-04-24 23:10 | 日々是電網 | Comments(0)
<< サラリーマンNEO 言葉を探しています....。 >>