mixi...消失 (これは、フィクションです)

もし今、インターネット上から、 mixiが無くなったら....おそらくそれは、Yahoo! や Googleが無くなること以上に、悲劇である。むしろネット上にパニックすら起こりかねない。

かつて僕のパートナーだった人は、「インターネットが無くなったって、人は死なない」と言い張ったが、「今、mixiが無くなったら....失ったものの大きさに、ただ呆然とするだろう」

そんなmixiで、またすっごく懐かしい女(ひと)と再開した。
かつて勤めていたソフトハウスの社長との再開に匹敵する。
どちらかといえば僕は地域限定(山梨県内)で動く程度だが、彼女のフィールドはこの地球そのものだ(だからこそ、インターネット上のmixiのようなコミュニティが必要不可欠なのだ)。

おそらく、mixiはインターネット上に新たな心のよりどころ的なフィールドを作ってしまった。
僕たちは、mixiを失う事には...耐えられそうもない。

「♪ 懐かしい、あの人に、mixiの中であった〜♪」
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-10 22:08 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 電鍵 建築ノート >>