建築家の卵たちよ、もっと未来を見せてくれ!

こんなイベントがある..と、いうことに、最近気がつきました(遅っ!)

せんだいデザインリーグ・卒業設計日本一決定戦

これを見ていて、「ひょっとしたら本当に未来を描けるのは、建築家なのかもしれない...」なんてことを感じてしまいました。
実現可能な建築もさることながら、今は実現不可能でも、社会に対する問題提起として建築設計を使うことは、あり得る。

そして、すでにこんな方もいるのだ。
荒川修作+マドリン・ギンズ ARCHITECTURAL BODY

若者たちよ、臆する事なかれだ。
そしておじさんから、ひとつアイデアを投げかけよう。
「建築とは構造物を作ることだけじゃないんだ」、持続可能な社会に向けて、そのことに、気がついて欲しい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-05-15 22:06 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 拝啓、五藤圭子さま 「未来の世界」...を、描けない時代 >>