ビル・ゲイツ氏のこと...米国の底力

世界一のお金持ち...であるマイクロソフト会長 ビル・ゲイツ氏(50)が、2008年に引退し、奥様と設立した「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」における社会貢献活動に専念する...という報道があった。

一個人の動向についてはもちろんなのですが、これが米国の底力なんじゃないかって...とても感じました。ニューヨーク公共図書館も、多くの篤志家の寄付によって、作られていたりします。このあたりが、同じ金儲けをしながら、片や「お金儲けは悪い事ですか」と開き直る国と、儲けたお金を世界のために使おう...という国とでは、おのずと違ってきますよ。
大金がなくたって、アンジェリーナ・ジョリーさんみたいに、国連高等難民弁務官事務所(UNHCR)の親善大使になったり...することはできると思うんですよね。
ちょっと...日米の社会貢献に対する意識の違い...を、感じてます。

【ビル・ゲイツ氏については、こちらのブログがおススメ】
速報、ビルゲイツの引退 古川 享 ブログ

【ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団について】
Bill & Melinda gates Foundation
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-06-17 10:50 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by 古川享(サム本人) at 2006-06-17 17:20 x
女優の紺野美紗子さんも、国連関連の親善大使をされています。
http://furukawablog.spaces.msn.com/blog/cns!156823E649BD3714!1533.entry

http://www.undp.or.jp/gwa.htm

黒柳徹子さんとか、こんな事例も
http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/soke/news/news056/news056.html


「儲けたお金を世界のために使おう」という気持ちが当たり前のように実行できる国にしていきたいですね...私も過去、全国規模の身障者団体に個人寄付をしようとしたら、国から寄付控除の資格を取得できていなくて、厚生労働省の天下り団体をトンネル会社として寄付をしてください。その会社が8%の手数料をとりますけれど..と言われて憤慨..別途個人の所得税を払った税引き後から寄付したことがあります。

個人の寄付行為を中抜きする、政府の天下り団体・トンネル会社が中抜きをするってのが日本の社会構造なのは、寂しい限りですよね...

では、ふるかわでした
Commented by maruyama_takahiro at 2006-06-18 09:20
わぉ!
まさか、ご本人さまからコメントをいただけるとは、うれしいかぎりです。
NPO法人でも収入の1/3以上が寄付金であれば、認定NPO法人として寄付金に対する控除資格を得る事ができるのですが....

そういえば、こちらへの寄付は、控除対象になるそうです。
・KEEP FOR THE FUTURE
 http://www.keep.or.jp/future/index.html

そうだ! ビル・ゲイツさんにいつか清里に来ていただけたらいいなぁ。
たとえば、こんなイベント...とか。
http://www.keep.or.jp/shisetu/paul/prf2005top.html
<< 【講演会】95歳×2 祝賀記念 日本の未来力 〜地球を守る警備隊〜 >>