夢を信じる力

NPOを経営することって、「片手に夢、片手にそろばん」などと言う人がいるが、もっともだと思う。企業経営は「両手にそろばん」でもできるだろうが、NPOは利益追求ではない。達成したい社会的使命をかなえることが、NPOの存在意義そのものなのだ。

そして僕らNPOを運営する者に、最後の最後まで必要なことは...

 「夢を信じる力」

なんじゃないかな。

僕が高校を卒業した時に持っていた言葉は、
 「青春の夢に忠実であれ」
その言葉を語った人は今、こう語っている。
 「時間は夢をうらぎらない」
夢を捨ててしまったら、NPOに居る意味はないのだ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-09-05 21:26 | NPO | Comments(2)
Commented by フォトボル at 2006-09-05 23:28 x
夢は達成に必要なアイテム。夢があるから壁に立ち向かい乗り越えかたを思案し、試す。試すには能力も必要 頑張らねば。
そこそこの支援者も必要な応援団です。
夢を信じて、多くの人に夢を与えることができたなら、幸せかな?


Commented by しぶい at 2006-09-06 01:52 x
 たしか、フロムも「夢見る力」は重要視していましたよね。
<< 24インチ iMac NPOを経営する...と、いう... >>