キャンプのものさし −野外教育活動を評価するための尺度集−

a0001068_14111076.jpg財団法人 日本キャンプ協会から発行されているこの本。レベルが非常に高い。ただのキャンプが、価値あるキャンプになるのも、こうした考え方がきちんとできているからなのだなぁ...と、実感するのである。

 ・キャンプのものさし 財団法人 日本キャンプ協会

ふりかえって...図書館を考えると、こうした“ものさし”の存在を僕は知らない。僕の力不足で見つけることができていないだけ...であることを祈りたい。
指定管理者制度の登場によって、やおら[図書館の評価基準]が議論され始めているが(直営の時代において、そうした議論がなかったのが不思議なくらい)、『「読書活動」の効果測定』の事例を耳した事がない(もしあったら、ぜひ教えてください!)。

特に研究活動が盛んな..と、思われる児童サービスで、「読み聞かせ」や「ブックスタート」など、事前と事後の変化を、単発でも長期でもよいので、「行なう理由」と「開催する価値」を裏付けるためにも、こうした “読書のものさし” があってもいいんじゃないかなぁ...と、思うのです。

※ただ...児童サービスが言われて今日まで、誰もそんな「読書活動における効果測定」みたいな研究を行っていないとしたら...むしろ、それこそ問題なのではないだろうか...。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-10-21 14:25 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 帰ってきたココ YA/ティーンズ・サービスの目... >>