帰ってきたココ

一週間ほど、僕の周りから姿を消していた、ココさん。
夕べ寝ている時に、突然帰ってきた。

ひょっとしたら、もう野犬や野生動物に...なんて思っていたが、突然の帰宅に僕は驚いた...いや僕だけではない、ココ自身も帰ってこられたことに、けっこう驚いている様子だ。
鳴き声が枯れているので、きっとどこかで鳴き続けるような出来事が彼にはあったのだろうが、こうして再会できたことを、喜びたい。

そういえば、書架の中から『ASAKUSA Style』という本を見つけた。
隅田川の花火には強制撤去されるハンドメイドのブルーシートのお家にする人々の生活を記録した写真集なのだが...やはりそこにも、ネコが居る。ある方は「こいつがいるから働きにいくんだ」と、飼い猫を指して言う。

テント暮らしも一ヶ月を超えたことだし(工事状況を見ていると、まだしばらく続きそう)、ココも帰ってきた事だし....もう少しがんばれば、ASAKUSA Styleに負けない「山中湖スタイル」が出来上がる...かも。

※「この一ヶ月、山中湖でキャンプしてます」...って、いうのが、今の僕のライフスタイルですね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-10-22 09:11 | 私事として... | Comments(0)
<< 物事の本質を見抜けない日本のコ... キャンプのものさし −野外教育... >>