ネット社会の光と闇...

某SNSのコミュニティで、困ったちゃんが出没。
バレバレなのに他人になりすまして、誹謗中傷しはじめている。
当然ながら、ここまでとなると、運営事務局への通報の対象ですので、対応させていただきました。

そんな中で、すごく感じたのは、とかくこうしたトラブルが起こると「悪意」が目立ってしまうモノですが、SNSともなると「善意」の方々も、沢山いらっしゃって...そうした方々に、どれほど励まされていることか...。今回のことは、まだ終結しているわけではありませんが、ネット社会の「光」と「闇」を見た思いです。
応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-11-16 23:25 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by lanova at 2006-11-17 03:08
それはMコミュニティですか?私はあちらの方はそれほど積極的ではないんですよ。ちょっと閉じられた関係というか、閉塞感を覚えるもので…でもまる3さんは八面六臂の大活躍だなあと、まる3さんのサイトをのぞかせていただき、感心しております。
Commented by maruyama_takahiro at 2006-11-18 07:25
>lanova さん
あんまり関心しないでくださいね。(^_^;
仕事柄(?)、それなりに体験を積んでおかないと、いろいろな方からよく質問されるものですから。
Web2.0的なサイトもみなさんいろいろな経験を積んできているようで、Blog運営会社も対応が大変なようです。
スパムコメントやらスパムTBやら...「荒らし」とか最近では「炎上」なんて言葉もありますからね。
顔も見えず言葉(文字)だけのコミュニケーションでは、言葉が少ないとどうしても誤解が生まれがち。そんな新しい方法によるコミュニケーショントレーニングを積んでおく事も...NPOの副理事長としては必要なのかなぁ...と、思っているのです。
<< ワークショップとアニマシオン 読書のアニマシオン >>