図書館ねこ

図書館猫の話題
国立国会図書館が発行しているメールニュース『□■カレントアウェアネス-E■□ No.96』の記事に、こんなものがありました。

・図書館ネコ「デューイ」,その生涯を終える(米国)

---以下、引用---
  欧米では,マスコットキャラクターとして館内でネコを飼っている公共図
 書館が数多くある。このような図書館ネコ(Library Cats)の中でも有名な
 存在だった,米国アイオワ州スペンサー(Spencer)公共図書館の「デュー
 イ・リードモア・ブックス(Dewey Readmore Books)」が2006年11月29日に
 永眠したと,同図書館ウェブサイトのトップページで発表された。
--------------

単に捨てられたネコを飼うのではなく、職員として採用しているところがおもしろいですね。彼の仕事は、「人々のストレスを癒す」,「毎朝9時に入り口の前に立ち,利用者を出迎える」ことや 「図書館主催の催しに参加する」,「全米および世界規模で,スペンサー公共図書館の広報活動に携わる」といった,図書館の広報にも一役買っているそうです。

こうした小粋なことができる図書館って....いいですね。

スペンサー公共図書館

うちには、「山中くま」「山中もも(モモンガ)」「山中ねね(ヤマネ)」がおりますが...もうちょっと話題にしてあげよう。
a0001068_108464.jpg

[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-12-06 08:56 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by lanova at 2006-12-07 01:52
なかなか気を惹かれるタイトルですね。続きを楽しみに待っております。
Commented by motohirokoshiyama at 2006-12-09 13:37
こんにちは、私もブログに書いてしまいました。また、丸山さんのブログも勝手に紹介してしまいました。お暇なときに見てください。TBしておきます。
<< え〜! 代々木アニメーション学... 企業人のための自然体験型環境教... >>