地域と郷土

教育基本法改正案が可決された。
気になるのは、そこにある“郷土”という言葉だ。

(教育の目標)第二条 には、
五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

地域ではなく、郷土という言葉の意味するところは、やはりホームタウン(生まれ育ったところ)という意味を持っていると思う。
僕自身は、東京都生まれ、埼玉育ち(実家はここ)、そして今は山梨だが...「郷土は、どこですか?」と聞かれれば....「う〜ん?!」っと唸ってしまう。
自衛隊出身なので(?)、我が国という言い回しには違和感はないものの、郷土を愛するといわれると、「郷土だけじゃないよ、今住んでいる地域だって大切に思う気持ちは変わらないよ」...と、思うのです。郷土をフィルタにされると地元住民と新住民との壁が、特に転校してきた子どもたちが、郷土という言葉でいじめの対象になりはしないかと...心配ですね。

そうした、とても個人的な心情もさることながら、図書館界においては、「郷土資料」が「地域資料」として定着してきていることに対して、ちょっと逆行することも拭えない。また、いわゆる『地域ブランド』を『郷土ブランド』と言うのも...ちょっと変な気がする。

日本という国に対して、今後計画されている道州制に伴う地域(=広域の郷土)が登場するのだろうか....しばらく“郷土”という言葉を、地域と比較しながら考えていきたい。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-12-16 18:08 | 日々是電網 | Comments(3)
Commented by ちあぼん at 2006-12-19 01:43 x
わたしは、「郷土」というと、自然をイメージするかな?
山とか、海とか。。。
一方の「地域」は、人とか、町を含んだイメージを持ちます。
学校とか、駅とか?

あと、「郷土」と言った場合には、県とか、下手したら、日本という国全部も、「郷土」と言っても、違和感は、ないかな?
わたしの田舎は、鳥取の西部ですが、東部にある鳥取砂丘も「郷土」だと思います。
個人の帰属意識に関係してくる微妙な感じですね。
Commented by maruyama_takahiro at 2006-12-19 02:20
>ちあぽん さん
そう。そういう意味もあると思うのです。
特に...「国破れて山河あり...」というときの、山河っていわば郷土なんじゃないかって。我が国というのは政治体制をも含んでいるのですが、郷土というとそれを超えた...こう、いわば例え国が滅んでも「守るべきもの」としての郷土というイメージが出てくるように感じているのです。
Commented by mukai-message at 2006-12-19 09:26
大泉ふるさと歴史資料館のご縁で、maruyamaさんのブログを拝見。刺激的な内容ですね! このエントリーでは、「そうか、地域委員じゃなくて郷土委員だったら、キタリモンにはなれなかったかもなぁ」としみじみ感じましたよ(笑)。郷土や故郷の「郷」の意味、今のように余所の土地に移り住む人が珍しくない時代には、新しい視点で考えてみる必要があるでしょうね。
私のブログは地域委員任期切れの27日に終了しますので、そのうちにmixiからマイミクをお願いしようかと・・・。よろしくお願いしま〜す。
<< 台東デザイナーズビレッジ コミュニティ・アーキビストのススメ >>