オーラの泉

...を、見てたら0時を超えてしまった...

 ・オーラの泉 テレビ朝日

今でこそ、封印(?)しているけど、スピリチュアルなお話は大好きです。...というよりも、スピリチュアルな世界だって、そこにはそこのサイエンスがあり、たくさんの法則があると思うのです。
パソコンを使っていると思うのだけど、アプリケーションソフトを使う、そのアプリケーションソフトを作る、さらに開発言語を作る、基本ソフト(OS)を作る...などなど、立ち返ってみれば世界も同様で、どのあたりで自分が世界に影響を与えることができるのか...そんなレンジ(範囲)があるように思うのです。

例えば、『魔法』
一般的なアクセントだと "まう" と"ほ"が強調されますが、"ま"を強調して"ほう" と言うだけで、これもまたひとつのサイエンス体系を持つ世界であるように感じる(この言い方..伝わるかなぁ...)。神道にも、陰陽道にも、密教にも、そして悪魔払い師(エクソシスト)にも、それぞれのサイエンス体系を思っている。
スピリチュアル(精神的)世界ととらえるだけではなく、むしろそこにもひとつのサイエンスがある...という捉え方をしているところが、他のスピリチュアル好きとは違っているかもしれませけど...それぞれのスピリチュアルな世界観・サイエンス体系が、実はとっても好きなのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2006-12-21 00:17 | 日々是電網 | Comments(5)
Commented by lanova at 2006-12-21 02:36
感じる心、というかそのキャパシティがあるかどうかですよね。
↓ちあぽんさん、「わらべ館」はこちらをご覧になってください。http://www.warabe.or.jp/水木ロードは仕事でちょこっと関わりました。水木さんはやはりすごい人でしたよ。
Commented by After内藤 at 2006-12-21 04:54 x
 「非科学」と「未科学」は違うのだという事をもっと知って欲しいですね。特に科学者を名乗る、または自負する人たちに。
Commented by フォトボル at 2006-12-21 06:56 x
人~間~ていいな、いろんなことを考えられて。こんな例えがあります。
宗教も科学、科学も宗教、どちらも人間が作り出したもの。
朝焼けが奇麗だな。 
Commented by ちあぼん at 2006-12-21 21:16 x
lanovaさん>
やはり、ご縁があるのです!
水木先生には、是非、一度会いたいのですけれどね!
Commented by maruyama_takahiro at 2006-12-21 23:30
...1回だけですが...
昔、「青林堂」という出版社に、ちょこっとだけ関わっていた時に、1度だけお目にかかった事があります(お話はできなかったなぁ...)。
来年は、映画「どろろ」や「ゲゲゲの鬼太郎」の年ですね。妖怪大好きな私としては、「妖怪大戦争」に引き続き、楽しい年になるといいなぁ...。
...早く人間になりた〜い!...
<< Web2.0的 図書館ではないけれど....キ... >>