【報道】 無線で高速インターネット 山間地の情報格差解消に

無線で高速インターネット 山間地の情報格差解消に 信濃毎日新聞

無線LANによって、山間地のブロードバンド化を実現する事業です。協同受信組合という考え方もよいのですが、月々の料金が...ちょっとネックでしょうか。

デジタルデバイド(情報格差)解消への取り組みとして
1. パソコン操作(かつてIT講習会が全国レベルで実施されました)
2. インターネットのブロードバンド化(ISDNから、ADSL,光へ...ただし山間部はまだ)

今後の課題としては、
3. 地域の情報コンテンツの整備(一部では地域SNSなどの展開もあるようですが....)
4. 何よりも、数年事に買い替えを即されるパソコンの進化状態
  (正直なところ、5年以上古いパソコンを使うことはかなりしんどい。かといって、5年毎に十数万円の支出は...これまた大変)

デジタルデバイドの前提には、1) パソコンを購入することができ、2) プロバイダーと契約できるという2つの経済力が必要となっています。むしろ、パソコンを購入しなくても、プロバイダーと契約していなくても、国が推進しているIT大国に向けた取り組みが不可欠であると考えています。だからこそ、公共図書館でのパソコン利用には、期待が大きいのです。あれもダメ、これも禁止! なんて、国の政策に逆行するような制限付きの利用を続けていることに...ちょっと...と、考えちゃいますね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-01-05 11:01 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 【気になる本】 インテリジェン... 皆野民俗芸能奏楽研修会 少年部 >>