向井千秋 〜夢を宇宙に追いかけた人〜

昨日のことだが、
女の一代記 『向井千秋 〜夢を宇宙に追いかけた人〜』を見た。

今の少年少女たちの中で、「宇宙飛行士になりたい」という夢をもっている子どもたちは、どのくらいいるのだろうか。僕が少年時代のころには、あこがれとしての夢に、宇宙飛行士があったように思う。夜空の星を見上げて、あの世界に行きたい...なんていう夢は、もう少なくなったのだろうか?....いや、そうではなくて、いわゆる「宇宙モノ」のテレビ番組が少なくなったのだ。せいぜい、ガンダムあたりだろうが、それでも地球からちょこっと宇宙に出た程度。148000光年彼方の星に出かけるようなドラマは無くなってしまった。
アニメでも特撮でも大人のドラマでもいい...そうした「SFモノ」「宇宙モノ」のドラマがテレビから消えていることに、気がつくと...SFの世界だった21世紀が、もはやSFが失われてしまった時代になったのだろうか...なんてね。

向井千秋記念こども科学館

※...というよりも...映画「守ってあげたい」から、菅野美穂がいいなぁ...と、思っているのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-01-13 23:52 | まるちゃんの趣味 | Comments(0)
<< 公立図書館長の公募 [伊那図書館長] 子どもの自殺報道 >>