いきなり、Web2.0講座。 開催のお知らせ


Web2.0時代の
コミュニティ•アーキビスト養成講座

地域の歴史や文化、祭事、自然環境、商工業など、デジタル技術を使って記録し保存するデジタルアーカイブ。その担い手となるアーキビストを養成する講座を開催します。家族のアルバムをつくる感覚で、地域コミュニティのアルバムをデジタル技術と最新のインターネット技術を使ってアーカイブする技能を身につけます。

対 象:地域コミュニティの日々の出来事を記録保存する担い手になりたい方。
期 日:2007年2月17日(土) 13:00〜17:00
場 所:山中湖情報創造館 研修室1
参加費:6,000円
定 員:8名+若干名
講 師:丸山高弘

こちらで用意できるPCもありますが、できればノートPC(無線LAN機能つき)をお持ち下さい。また、デジタルカメラ, MPEGカメラ(USBケーブルもご持参ください)があれば、ぜひご持参ください。


Web2.0時代の
文化施設情報発信術

図書館、博物館、科学館、美術館、資料館の職員(常勤、非常勤、パート、アルバイト、就職待機者も受講可です)を対象とした講座です。
デジタル技術と最新のインターネット技術を用いて、自館や収蔵品、資料などを広く伝え、さらに来館者を増やすためのテクニックとしての情報発信術を身につける講座です。


対 象:公立・私立の図書館、博物館、美術館、資料館など文化施設の情報発信に関わる方。司書(ライブラリアン)、学芸員(キュレータ)、アーキビスト、インタープリター、ファシリテータ他。常勤、非常勤、パート、アルバイト、就職待機者も受講できます。
期 日:2007年2月19日(月) 13:00〜17:00
場 所:山中湖情報創造館 研修室1
参加費:6,000円
定 員:8名+若干名
講 師:丸山高弘

こちらで用意できるPCもありますが、できればノートPC(無線LAN機能つき)をお持ち下さい。また、デジタルカメラ, MPEGカメラ(USBケーブルもご持参ください)があれば、ぜひご持参ください。


Web2.0時代の
市民メディア ワークショップ

デジタル技術やインターネット技術により、マスメディアによる情報だけでなく、いち市民からの情報発信が出来る時代。情報を受け取るだけでなく、私たち自身が市民ジャーナリストとして市民メディアの担い手となることができます。このワークショップでは、そんなデジタル時代・インターネット時代の市民ジャーナリストとして、市民メディアの担い手となるスキルを身につけるワークショップです。

対 象:市民ジャーナリストとして、地域メディアや市民メディアの担い手になりたい方
期 日:2007年2月25日(日) 13:00〜17:00
場 所:山中湖情報創造館 研修室1
参加費:6,000円
定 員:8名+若干名
講 師:丸山高弘

こちらで用意できるPCもありますが、できればノートPC(無線LAN機能つき)をお持ち下さい。また、デジタルカメラ, MPEGカメラ(USBケーブルもご持参ください)があれば、ぜひご持参ください。

お申し込み先: 山中湖情報創造館 0555-20-2727
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-01-27 19:59 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by lanova at 2007-01-28 03:01
先日お送りしたThe Librarian’s Pageでも、いくつかの講座などが紹介されているようです。
<< The Librarian&#... 月刊「自治フォーラム」 vol... >>