Scene it & Accelerated Reading Program

Scene It (シーン・イット)というボードゲームがあるそうだ。
映画を楽しむ...というよりも、映画を見た人でしか判らないことをクイズに出して、すすめていくボードゲーム。
一方、Accelerated Reading Programは、本を読んでいないと答えられないテストがあり、そのテストの合否で読書の実績となる....

米国って、こういうことを考え出すところが、面白いと思う...けど、ただ単にゲームというだけでは、どこまで受入れられるやら....
Accelerated Reading Programも、読書のポイントによって、校内コンテストがあってiPodがもらえる...となると、必死になるよなぁ...。

 ・Scene It
 ・Accelerated Reading Program
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-15 23:45 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by lanova at 2007-02-16 07:27
今セメスターはこのプログラムの参加クラスがとても多くて何と59クラスもあるんですよ。このデータ管理も私の業務のうちで、2週間に1度コンテスト結果を出しますが、仕事量はかなりになります。その上に本選びのサポートもあったりして…でもそれが学校図書館の仕事だろうなとは思ってます。
<< ちょっと、凍った 指定管理者制度に対する誤解 >>