Macのある公共図書館

Macのある公共図書館を探しています。
ニューヨーク公共図書館の写真で、ティーンズ向け講座に、一体型のiMacを使っていたものを見た事があります。が...日本の公共図書館で、Macを置いているところを、未だ知るに至っていません。
そういう状況って、どうなんだろう。
一方的なモノの見方だけではない、多様なモノの見方・考え方を提供するのが、公共図書館の役目だとしたら、今の図書館のPC環境は、あまりにもモノカルチャーすぎる...と、思うのです。
Windowsもあれば、MacOSも、Linuxも、ある。いろいろな情報文化を体験できることもまた、公共図書館に必要なことではないか...と、考えるのです。

ということで、Macのある公共図書館の情報を、求めてます。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-02-27 23:38 | 日々是電網 | Comments(1)
Commented by After内藤 at 2007-02-28 05:05 x
 MacやLinuxマシンを配備する意義に比し、要求されるスキルが見合わない、というのが大きいでしょうね。そのスキルにお金が出なければ。「図書館」の枠組みの中ではとても難しそう。
 あ、でもLinuxはOSが基本無料だから、管理者のスキルによってはリサイクルPCとかの有効利用でMacに比べて可能性は高いかな。
<< 指定管理者の著作権... 山中湖の寒い朝 >>