『高知遺産』

ART NPO TACO

横浜といい高知といい、アートNPOの持っている力強さを感じます。
未来を切り開くのは、科学技術よりも、アートなのかもしれません。いや、アートとサイエンスがぐちゃぐちゃ〜っと混ざり合う中に未来が生まれるという言い方が良いかもしれません。

横浜でお会いした竹村さん。
おもしろかったのは、すでに3次で繋がっていたこと。
丸山ー江戸川大学の鈴木教授−デザイナーの梅原真さん−竹村直也さん
また、高知遺産は、路上観察学会やトマソンがキーワードでもある。

やはりスモールワールドを感じる...なぁ。

高知遺産は、次年度蔵書にする予定です。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-20 00:01 | 日々是電網 | Comments(2)
Commented by lanova at 2007-03-20 05:44
高知遺産とは、町の中に見る地域ならではのものという意味なんでしょうか。世界遺産ならぬ高知遺産、なのかな?
Commented by maruyama_takahiro at 2007-03-20 08:13
赤瀬川源平さんらによる路上観察学会とその活動とか、あるいはトマソンなんてののがあります。町中にある思い出のある風景や、不思議なもの(登っていってもドアのない階段とか)をおもしろがって写真にとりため、地域の風景(...原風景かな...)を再確認するようなもの。
権威のある誰かによる格付け的遺産ではなく、「私にとっての高知はここよ!」っていう写真集ですね。
<< いよいよ、スタート...するかも。 ESD-J全国ミーティング20... >>