NPO図書館の学校機関誌 新誌名投票

NPO法人図書館の学校では、機関誌を新しい名称に変更するにあたり、4つの候補からどれがいいかを選ぶ投票を受付中です。

 NPO図書館の学校機関誌 新誌名投票

候補は以下のとおり
 「ラ・イ・ブ・ラ」
 「あうる」(森の賢者ふくろう)
 「図書館ライフ」
 「読む・調べる」
それにしても....僕ならば絶対つけない名前だ。強いてあげれば「あうる」かな。
いったい誰がこの4つに絞ったのだろう...僕なら絶対、違う名称にしている...な。

---
個人的なコメント
「ラ・イ・ブ・ラ」は、ライブラリーからとったと思われますが、中黒が意味不明。「ブラ」で終わることも雑誌名の音としては、印象がよくないですね。これならばそのまま「ライブラリー」とした方がいいくらい。

「あうる」森の賢者ふくろうですね。デザイン画にもふくろうの絵がはいってます。この4つの中では...という限定条件で、一番です。雑誌名の変更の理由を考えると、「図書館」や「図書館を連想させる言葉」は、むしろ対象外にした方がよいくらい。

「図書館ライフ」もしかり。○○ライフ...という雑誌名称もたくさんありますが、図書館という建物を指す名称にライフをつけてしまうと、「図書館を利用したライフスタイル」という意味より、「図書館で生活している」ようなイメージが出てしまう(なんとなく、ホームレスのたまり場みたいな図書館像を感じてしまう。

「読む・調べる」は、気持ちとしてはよくわかるのですが、もうちょっと練って欲しい感じ。このままでは無理。旅の雑誌に「るるぶ」というのがありますが、そもそも「見る・食べる・遊ぶ」の語尾をつなげて「るるぶ」としたそうで、「読む・調べる」をコンセプトとした書名にするには、もう一ひねり、二ひねり必要。

...ということで、人の批評ばかりしているだけではいけないので、丸山なりの代案

知るたのしみ、調べるよころび
「知楽」「ちらく」「CHIRAKU」

※キャッチフレーズは変わらなそうなので、むしろそこから取った方が....
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-21 00:45 | 日々是電網 | Comments(3)
Commented by lanova at 2007-03-21 02:29
まるさんならどんな名前になるでしょうか?ネーミングほど難しい仕事はありませんでした。機関紙「図書館」でいいような…
Commented by maruyama_takahiro at 2007-03-21 11:07
そうですね。
僕ならば 雑誌名変更の趣旨から考えれば、[図書館]をイメージする言葉は用いないですね。

「知るを楽しむ」
あるいは、落語家みたいですが、「知楽(ちらく)」

かな。
Commented by フォトボル at 2007-03-21 21:58 x
なまえ、それは命・・・  古うございました。
フクロウさんはやめましょう  どこかの宗教団体と同じ名前です。
「ブックマップ」では変ですし、「知楽」良いかも
<< 第10回 図書館セミナー ヤングアダルト対象とした図書館... >>