お産と育児事情

清里の友人のブログから

 ・日本のお産を守る会 五味五感〜IVORY〜

ご実家が、代々助産院だそうで、今の産科医の減少、安心して子供を産める社会が壊れている現状を伝えています。
 まる3が、出産に関心がある〜なんていうと、不思議ですが(正直言って自分でも不思議です)。

【以下、回想....】今は別れて住んでますが、二人の娘さんは、自宅水中出産。立ち会いはもちろんですが、へその緒を切ったのも僕だったりします(こんな体験の場をつくってくれた元妻に感謝)。
上の娘が1995年5月。当時住んでいた山梨県・長坂町のアパートの一室に、小さなプールを組み立てて、自宅での水中出産。もちろん、逆子とかへその緒が絡まっているとか...の不安がないことを確認の上ですが、バースコーディネータの方、地元の保健婦の方にご協力いただいて、まぁ、そんな出産の場を体験させていただきました。その後何度か引っ越しし、二人目は古民家での出産。これも小さなプールを組み立ててでしたが、一人目の反省として、早い時間にプールに入ってしまうと、気持ちよすぎて出られなくなる...とのことで、かなりぎりぎりまでプールに入らずにいました。二人目の時は保健婦さんが事情(体の具合が悪かったとおもいます)があって立ち会えないということで、事前にへその緒を切る時に必要な鉗子とハサミを借りていました。陣痛があってからバースコーディネータの方に連絡したのですが、ちょっと遠方にいらっしゃるとのことでした。結局、妊婦と長女(3歳)と僕とネコが見守るなか、二人目はプールの中で、本当に「するり」と生まれましたね。生まれたばかりの赤ん坊が水の中か、黒い瞳で見上げてたシーンを、覚えてます(ちなみに、よく病院で出産する時に、赤ちゃんって目を閉じて、大声で泣き叫んでますが、あれは...よ〜く考えてみてください。お腹の中の薄暗いところから、出たとたん、あの分娩室の照明にさらされるわけですから、おもいっきり「まぶしく」て、びっくりしているんです...よ。赤ちゃんの気持ちにもなって欲しいものです)。


当時と違って、最近では自然育児がちょっとしたブーム(?)になってもいるそうで、LoHASな出産・育児のあり方を実践しているお母さんのみなさんに、エールを送りたいですね。

 ・日本のお産を守る会
 ・NPO法人 自然育児友の会

バース・リボーン―よみがえる出産
ミシェル・オダン / / 現代書館
スコア選択: ★★★

赤ちゃんの目で22世紀を考える―愛情の科学
ミシェル オダン / / 同朋舎
スコア選択: ★★★

あなたにもできる自然出産―夫婦で読むお産の知識
さかの まこと / / 本の泉社
スコア選択: ★★★
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-03-25 11:51 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 後付け理由の得意な気象庁 石川県の地震(名称未定...地... >>