プロトタイプ[その1]

これからの図書館のための、
これからのおはなし会プロトタイプ[その1: 地球の秘密]
a0001068_1440377.jpg
a0001068_15165072.jpg

※まずは、カタチから。...中身のプログラムはこれからです...が...。

「地球の秘密」 坪田愛華/出版文化社

例えば、こんな風に.....図書館のおはなし会で、地球や世界のことを伝える。その時に、ちょっとした演出として地球ボールを使ってみたりする。なんてこと。

芸術家のお話しや、社会の仕組みのお話、自然科学や科学技術のお話などなど、図書館にはネタがいっぱいあるのですから、絵本や紙芝居や童話だけでは、実にもったいない...と、思うのです。

...ですが、いきなり...は、僕にもできません。
それなりの、トレーニングが必要なことは、重々承知の上ですよ。

上級司書制度も大切かもしれませんが、そんな図書館の本を使って世界の出来事を伝えるコミュニケータやエデュケータの養成も、一方でとても重要な人材育成だと思うのです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-04-21 14:41 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 地震EXPO 真説「さるカニ合戦」 >>