図書館とゲーム

雨の山中湖です。
瞬間的に雹(ひょう)も降りました。

さて、国立国会図書館による「カレントアウェアネス-R」に、ゲームを使った学習に関する記事がありました。

 ・JISC、ゲームを使った学習に関するブリーフィングを刊行

気になったので調べてみると、図書館とゲームについてのこんな記事もありましたね。

 ・ALA、ゲームと学習と図書館に関するシンポジウムを予定
 ・ALA TechSource Gaming, Learning, and Libraries Symposium
このシンポジウムは、2007.07.22-24、シカゴで開催されるそうです。

Flickr上で図書館の日常風景を集めたプロジェクト 365 Library Days Projectの中に、ときどき図書館でボードゲームをしている風景があるのが、ず〜っと気になっていたのですが、なんとなく理解できました。図書館におけるティーンズサービスのひとつとして『ボードゲーム』ができる場が用意されているらしいのです。上のシンポジウムもそんな背景があっての開催のようですね。ボードゲーム、テレビゲーム、図書館が企画するゲーム大会、さらには図書館がボードゲームやテレビゲームを開発する...などなど。
日本国内では...図書館で「人生ゲーム」ができるところなんて...そうそう、ないだろうなぁ。
(本で学ぶこともありますが、ゲームで学ぶ事も...少なくはないですよ...ね)

※国内での事例をご存知でしたら、ぜひ教えてください※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-05-10 17:31 | これからの図書館 | Comments(0)
<< "The Holly... NPO法人 日本デジタル・アー... >>