多摩ニュータウン研究 No.9

多摩ニュータウン学会の学会誌である「多摩ニュータウン研究」No.9に、インタビュー記事が掲載されました。
その記事のタイトルでも使っているのですが、『コミュニティ・アーカイブ』をきちっと取り組んでみたいなぁと、この記事を読みながら、取材を受けた時のことを思い出して、そう感じていたりします。
「デジタルアーカイブ」は、アーカイブの形態を重視した考え方で、物理的(物的)な保存とデジタル技術を用いたアーカイブとの比較の中で交わされる考え方であるのに対して、「コミュニティ・アーカイブ」は、アーカイブの内容/意味を重視した考え方。学術的であることよりも、私たちの地域の共用アルバムとしての意味を持っています。昨今の費用対効果を考えれば、フィルムによる写真よりも、デジタルによる写真の方が効率がよいこともあり、おのずとデジタルでの記録とはなりますが、立ち位置としてはコミュニティ/地域のアーカイブを作っていこう...と、いう考え方。

 ・多摩ニュータウン学会
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-05-14 16:34 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 図書館芸人 あるいは エデュテナー 「フューチャリスト宣言」梅田望... >>