図書館芸人 あるいは エデュテナー

これからの図書館員の中には、いわゆる“芸人”的素養も必要ではないだろうか...なんて、思うことがある。児童サービスだけでなく、一般の大人を対象にしたサービスにおいても、いかに図書館を心地よくご利用いただき、目的の情報/知識を得ることができるか...。そんなお膳立て的なサービスを提供するには、様々なスタイルはあるものの、エンターテナーとしての振る舞いが求められるような気がする。

あるときは、ギャリソンとして、あるときはお笑い芸人として、またある時はプロフェッサーとしてふるまうことができる芸人(エンターテナー)だ。

まずは、日本の話芸から入るもの手だろう。
「声に出して読む日本語」あたりを、そのまま真似をしながら復唱し、次は「落語絵本」あたりから、落語や講談に進み、できることなら、「黄金バット」あたりの紙芝居をやり、アニメの声優風に声色を使い分けながら絵本を読む...
図書館員はまさに、エンターテナーを目指す人にとっては、うってつけの場...になるかもしれない。

※そのうち、図書館芸人が「エンタの神様」あたりに登場するかもしれないなぁ....
 桜塚やっくんは、新しいインタラクティブ紙芝居のトップランナーだし...ね。

※エデュテナー: Education + Entertainer (教育芸人)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-05-15 00:04 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 山中湖サンセット 多摩ニュータウン研究 No.9 >>