公共施設における『革命』

金沢21世紀美術館について、館長自らが著した本を読んだ。文章が辛いのだが(繰り返しが多く、ちょっとクドいかも...)、内容的にはすごいものですね。外国の美術館を経験した中でうまれてくる、美術館経営に取り組む姿というのは、『館長は経営者』という姿を改めて、知ることができました。
振り返って、公共図書館はどうだろうか...って、思うのです。自分自身をみても、まだまだ経営者ではないなぁ...と、反省しなければなりません。指定管理者としての指定管理料以外の収入に関しては、まだだま取り組むべきことが多いように感じます。
金沢21世紀美術館と比較されるのが、旭山動物園。
こうして、従来の型にとらわれず、新しい発想をもって、積極的に経営改善に取り組む公共施設もあるのだ...と、希望をもつことができました。
※将来的には、公共図書館でもこんな革命が起こるのだろうか...※

超・美術館革命―金沢21世紀美術館の挑戦
蓑 豊 / / 角川書店
スコア選択: ★★★

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト
小菅 正夫 / / 角川書店
スコア選択: ★★★
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-05-28 18:06 | 日々是電網 | Comments(0)
<< OADIS 二日前から腰のあたりに違和感の... >>