総合火力演習

総合火力演習、通称「総火演」に行く事ができた。
日頃の訓練の成果の、いわば年に一度の発表会である。

しかしながら、毎年ほぼ同じ内容。年に一度のお祭りのような、偉大なるマンネリズムを感じてしまう。ま、それはそれでよいのだけれど、防衛庁が防衛省となり、自衛隊法改正に伴う、本来業務の拡張がおこなわれているのであれば、次からは“火力”の発表会だけではなく、“災害派遣力”や“国際貢献力”の成果の発表会も、ぜひ行って欲しい。

例えば、土石流を食い止める、林野火災の消火実演などや 国際貢献の成果発表会などである。ただし、確かに災害派遣や国際貢献は、訓練ではなく実践である。それに対して実践できない火力の発表会としての総合火力演習があるということも、重々承知の上だが、やはり「戦う自衛隊」もさることながら、

守ってくれる自衛隊
助けに来てくれる自衛隊
平和をつくる自衛隊


を、ぜひ多くの方々に向けて、ご披露していただきたいものである。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-26 19:13 | 自衛隊 | Comments(2)
Commented by jato114 at 2007-08-28 19:53
すばらしい!
先週、この時期恒例の「災害訓練」が行なわれまして、
常連となった「自衛隊」も、参加してましたよ。
「炊き出し」訓練ですが・・・。
KP車でね。
Commented by jato114 at 2007-08-28 19:55
結局、見れたのですね。
今年も・・・。
来年は、行こうかなぁ~。
<< 「図書館」という名詞 回転翼三昧 >>