僕の帰るところ

八洲学園大学の科目修得試験レポートの締切が、すでえに12時間を切った。これから遅番出勤で、帰宅後に全体を見直して提出する段取りではいる(かぎりなくケツカッチンの予定)。

ある人から、僕は「風の人」との評価をいただいた。
地域づくりやまちづくりで良く例えられるのだが、生まれも育ちも地元の人を「土の人」、他所から流れてくる人を「風の人」という。この風の人と土の人とのコラボレーションによって、「風土」が生まれる...と。
しかし、これだけでは、ただ土ぼこりが立つだけなので、ここに「水の人」が必要となる。風を知り、土を知る水の人がいて、土ぼこりが立たず、風も心地よくなる...のだそうだ。

さて、そんな風になってしまった僕は、こんなに住むところ移り変わっている。生まれは[東京都錦糸町(産育会病院)]、当時住んでいたのは[墨田区向島]。弟が生まれてから[足立区本木町]。小学校3年の夏休みに転校して[埼玉県・皆野町]、高校を卒業後、[神奈川県・武山][埼玉県・朝霞][東京都・市ヶ谷]で過ごし、その後ペンション修行で[長野県・黒姫][山梨県・清里][静岡県・戸田]、専門学校時代〜メロン時代までを[東京都・向島]。再度、清里、長坂に住みしばらくは、[山梨県・長坂町]と[東京都・初台]の二重生活があった。
結婚を機会に、本籍を移動させた。僕の本籍地は、山梨県北杜市高根町清里にある。
結婚時代には、長坂ー清里ー長野県・南牧村ー山梨県・高根町と引っ越し、離婚と同時期に[山梨県・山中湖]に住んでいるが、ここで生涯を過ごすとは、思っていない。

夏には、親権は向こうではあるが、子供たちをおじいちゃん、おばあちゃんに会わせるために実家に帰るのだが、高校卒業後から感じていた実家での座りの悪さを感じるために、長居はしない。

そんな自分自身にとって、「僕の帰るところ」って、どこだろう..と、本当に考えてしまう。帰属する団体、帰属する場所が必要なんだとつくづく感じる。

先日見に行った陸上自衛隊の総合火力演習。
あの迷彩には違和感を感じるのだが、そこに「私の帰るところ」を見てしまう気持ちって何なんだって...と、ちょっと自分を見つめてみたい気持ちです。

レポートが終わったら、新人図書館長研修があるし、その後は「司書の卵キャンプ」もある。自分を見つめる時間を持つのは、もうちょっと先になりそうだ。

「僕の帰るところは君だ」なんて言える人がいたら...いいなぁ〜。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-08-27 13:12 | ひとりごと... | Comments(1)
Commented at 2007-08-27 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 科目修了試験レポート 提出 「図書館」という名詞 >>