この国のシビリアンコントロール

改造安倍内閣で新しい防衛大臣として高村正彦氏が就任した、前防衛大臣であった小池さんとバトル(?)があったあの守屋武昌事務次官が退官後に防衛省顧問に就任するとの報道があるようだが、防衛大臣も守屋氏も否定しているらしい。

もし仮にもそんなことがあったとしたら、おおよそこの国のシビリアンコントロールは、制御不能状態にあると言える。自衛隊が本当に持っている可能性を自ら潰してしまうようなものだ。自衛隊は単なる軍隊もどきの組織ではない。それは人類史上初めて『進化し始めた組織コンセプトを持つ集団』なのであるから。

※詳細な論理/論証は、後日あらためて※
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-01 20:15 | 自衛隊 | Comments(0)
<< 平成19年度 新任図書館長研修 皆既月食 >>