iPhone, iPod touch の行方

今回のiPodの発表は、事前に流出(?)していったウワサのせいもあって、特別驚く内容ではなかったのだが、それでもやはり iPod touch の存在は、これまでのAppleの方針から、はみ出しているように思えるのだ。

Macはデジタルハブとして核となる存在であるというこれまでのAppleの方針からすれば、Macを必要としない iPod touch の存在とは何かなのである。WiFi(無線LAN)に対応し、iTunes WiFi Music Storeの登場によりMacのiTunesを介さなくても音楽や映像の購入ができる。もちろん、Safariによるウェブブラウジングも可能だ。ウェブメールを使えば、それだけで大方のネット利用者は、事足りるのではないだろうか。今のところ、iTunes WiFi Music Storeを利用できるのは、iPod touchだけであるが、iPhoneのソフトウェアアップデートの中で、確実に対応させてくるだろう。

そんな、あれやこれやを考えると、ず〜〜〜っと昔からの夢のマシンである「(アランケイの)ダイナブック」や「ナレッジナビゲータ」、スレート型/タブレット型のMacは、MacBookの延長線ではなく、iPhoneやiPod touchの延長線にあるように思えてくる。例えば、iPod touchが新書サイズでもやはり欲しいと思うし、スタートレックに登場するようなタブレット型情報機器は、そこそこの大きさがあっても、やはり薄さにポイントがあるように思う。

Appleは、常に“破壊的創造”に長けている企業だ。昨日まで良しとしたものでも、今日にはそれを壊し全く別のモノを出すことを恐れていない。Macの未来もさることながら、iPhone, iPod touchの未来を見届けるまで(?)、死んでなんかいられませんね、まったく。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-06 20:19 | 日々是電網 | Comments(0)
<< 市民メディアサミット '... iPod >>