美術館

NHK総合の『ためしてガッテン』が面白かった。
今回は、美術館がテーマ。その敷居を下げ、壁を取り払う事を、科学的に解明しようとしたもの。公立といえども、美術館はどんどん進化を遂げているのですね。

 『買うつもり』を持って見ると『好きな絵にであう』そうで、脳の働きが変わるのだそうです。

では、図書館ならどうしたらいいんだろう。そうした美術館や博物館、動物園や水族館などにあるトップランナーが切り拓いている改革に対して、図書館はまだそんな取り組みすらできていない...んじゃないかな。だからといって、どこから手をつけたら良いのだろうか。
いっそのこと、次のシンポジウムには、美術館/博物館/動物園/水族館の方にお越しいただきましょうか。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-09-12 20:37 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 市民メディアサミット'... 大統領制 >>