図書館長 公募。

長野県の自治体は、やはり教育に熱心に取り組む姿勢が強いのでしょうか。

 ・新しい図書館長を募集します 小布施町

すごいのは、今回採用する新しい図書館長のもとで、基本構想を受けて具体的な実施にむけた準備を練り上げるそうで、その取り組み姿勢に、並々ならぬものを感じます。しかも、公共図書館を作ろうというのに、基本となる四つの柱には、「読書」が入っていません。これはすなわち、「読書が目的」なのではなく、「読書はあくまでも手段である」というコンセプトを持っているのだと、読みとれます。基本構想の「学びの場」「子育ての場」「交流の場」「情報発信の場」の4つ。

ちなみに給与等は、月額376,000円(他に通勤・期末・業績・寒冷地手当あり)。
応募締切は、10月15日までに必要書類を送付。書類選考の後に、面接があるそうです。

ご関心のあるかたは、ぜひご応募してみてはいかがですか?

※自分の価値を客観的にみるためにも、応募してみよっかな〜※
(ただ、金にめがくらんだだけでしょうって?!...現状比較で約18万アップとなると...ねぇ。)
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-10-06 10:02 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 「理由」を         今夜は seven! >>