平和をつくる図書館

とある方の、とある蔵書を核として、「平和をつくる図書館」がプランニングできいないだろうかと、思案中です。
医学と戦争はよく比較されるようで、

 健康:戦争が無く平和な状態
 病気:戦争が起きていること
 予防:戦争が起こらないようにする事
 治療:戦争や紛争を解決する事
 リハビリ:戦後処理、戦後復興

などなど、置き換えて考えることができるらしいので、その方のご職業であればご理解いただけるかもしれません(薬とか手術とか内視鏡とかを置き換えると何になるんだろう....)。

そうやってみると、日本における戦争と平和に対する活動は、病気に対して「病気反対!」って掛け声ばかりに聞こえる。過去の病気に対して、症状ばかりに注目し、病気の原因や病気のメカニズム、そして治療方法を見つけるといったことには、なかなかたどり着かなかったのではないだろうか。
「病気にならないためにどんな予防活動が必要なのか」「積極的な健康づくり/平和づくりって何をすればよいのか」等々、きちんと考えるには、まず『病気』のことを学ぶ必要があると思う。
 医学においては、健康を科学すると同時に、病気も科学している。だから治療方法をつくることができるのだ。だとしたら、平和をつくる図書館には、平和と戦争を学ぶ資料を提供し、平和と戦争を学ぶ講座やイベントも必要かもしれない。

最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)
石原 莞爾 / / 中央公論新社
スコア選択: ★★★
これが文庫として出版されるとは、思いませんでした。


新・戦争論―積極的平和主義への提言 (新潮新書 229)
伊藤 憲一 / / 新潮社
スコア選択: ★★★


戦争学 (文春新書)
松村 劭 / / 文藝春秋
スコア選択: ★★★


新・戦争学 (文春新書)
松村 劭 / / 文藝春秋
スコア選択: ★★★
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-10-11 10:11 | これからの図書館 | Comments(1)
Commented by After内藤 at 2007-10-11 12:49 x
 さしずめ…

薬:支援物資
手術:武力介入
内視鏡:査察

 ってなとこでは。
<< NPOはプランナーにはなり得ない 吉高まり −こんな頭脳があるとは− >>