NPOはタレント事務所にはなれないのか...

今回の一件で、自分自身のことながら、個人としてNPOとの関係の在り方を考えています。例えば、タレント事務所と所属タレントみたいな関係はできないのかなぁ...なんて。
もちろん、事務所は営業したり、マネジメントしたり...ということはありますけどね。

これからの図書館、あるいは社会教育施設において、司書、学芸員、社会教育主事、その他の職種や技能を持っている人材の育成ができる環境をNPOがつくっていく...そんなイメージ。

どうでしょう。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-10-22 05:27 | NPO | Comments(0)
<< 面接、終わった 冷えてます >>