なんじゃこりゃ!!

この記事って、どこかおかしい。
なんとなく正論に感じますが、大きな間違いがあります。

 ・空自営舎の電気代、私用分も国が負担・検査院が指摘 NIKKEI NET
 ・基地内宿舎の空自隊員、54年発足以来個人の電気代払わず YOMIURI ONLINE
 ・2007/10/24-19:26 航空自衛官、テレビ「ただ見」=電気代4000万円を国負担−会計検査院 時事ドットコム
 ・航空自衛隊の私用電気代、国が負担 nikkansports.com

 営舎というのは、基地の中の寮のようなものです。寝泊まりというよりも、生活の拠点のすべてが基地内という生活です。
ぼくが居たころは、「寝るのも仕事のうち」といわれるほど、24時間365日が勤務体制というのが自衛隊であり、営内居住隊員の生活です(さらに幹部となると、いつ何時呼集がかかってもよい体制でいます)。
 税金の適正使用というのも判らないでも無いですが、会計検査院のこの指摘は、自衛隊やさらには警察の営内者(寮生活者)の有り様を理解していないです。
営内生活者にとっては、勤務時間外であっても、100%プライベートな時間という訳ではないのですから。

もし、どうして公費が相応しくないというのなら、自衛隊協力会とかが支援した方がよいと思いますね。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-10-24 23:32 | 自衛隊 | Comments(0)
<< NPO(非営利団体)は、事務方が命! 人材育成 >>