カルティペディア 〜カード型百科事典のススメ〜

言ったもん勝ち...

山中湖情報創造館という図書館で働きながら、考えて来たことがある。
それは、『カード型百科事典』
子どもたちが、集めるトレーディングカードの姿をしている百科事典...というよりも、この世界の森羅万象から人間の創造の産物までの、ありとあらゆる事柄をひとつのシステムに基づいてカードにしたものだ。

今、そのネーミングが決まった。

カード+エンサイクロペディア = カードペディア Cardpedia

じゃぁ、あたりまえすぎ....dが重なるので、Carpedia (カーペディア)だと、自動車の百科事典みたいだし...カタカナで書きながら、カードはカルタといもいうなぁ...とおもって、カルタペディア->カルティペディア....あ!
カルチャーのエンサイクロペディアということで、

 カード/カルチャー+エンサイクロペシア=カルティペディア Cuitipedia

うん、これでいこう。カルティペディア(または、カルチペディア)だ。

『学習トレーディングカード:カルティペディア(カード型百科事典)』

どこかのメーカーに提案しようかな....まずは、企画書とサンプルを作らなければ...
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-11-07 10:40 | 日々是電網 | Comments(3)
Commented by maruyama_takahiro at 2007-11-07 12:30
そういえば昔、
「カルチャトピア90」なんてのがありましたね。
「ケースD」も好きだったな。
Commented by ちあぼん at 2007-11-09 21:50 x
今日、図書館総合展で、こども向けというか、調べ学習をサポートするようなWikiがあったらいいかなぁ?と思ってました!
ちょっと違うけど。
カードにしちゃうというのも、今の子供達にはあっているかもしれませんね?
Commented by maruyama_takahiro at 2007-11-11 10:43
未確認情報ですが、米国の図書館では利用者に対して、Wikiを提供しているとか。具体的なところはわかりませんが、[知る権利]を保障するだけでなく、[表現する自由/伝える権利]をそんなカタチでサービスしているとしたら、これからの図書館の役割が見えてくるように思います。

<< ロケ弁 地方=過疎化...ではない。 >>