コミュニティ・ライブラリーとパブリック・ライブラリー

ちょっと気になったので調べてみました。

コミュニティ・ライブラリー(Community Library)というの施設が存在するのですね。なんとなく、パブリック・ライブラリー(Public Library)との違いがありそうなのですが、明確な定義がよくわかりません。
どなたか、教えてくださいませ。

【国内】
 ・RICコミュニティ・ライブラリー 兵庫県東灘区

【国外】
 ・Mastics-Moriches-Shirley Community Library
 ・Community Library in Sunbury, Ohio
 ・The Community Library, Ketchum, Idaho

※ひょっとしたら、NPO立公共図書館は、Community Library としてもよいのかなぁ...なんて考えていたりします。
※自治体が公立図書館を維持する予算の確保ができなくなった時、運営を地域に開放することで、コミュニティ・ライブラリーとすることができる...なんて制度があったらおもしろいかもしれません。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-11-19 14:57 | これからの図書館 | Comments(0)
<< 「悲鳴あげる“名ばかり”管理職... 課題の所在 >>