NPO法人の事業部制

NPO法人においても、その規模や活動内容を考えると、全体がひと固まりで動くよりも、それぞれのユニットで活動する方が、フットワークが良いのではないか..と、考え始めている。NPO法人によっては、研究会や委員会制度をとっているところや事業部制をとっているところなど、様々である。それぞれの研究テーマや活動内容を深めるためには、比較的小さなユニットで活動してはどうだろうか。

さしずめ、僕たちは「山中湖情報創造館事業部」とか「指定管理者事業部」というのはあまりにもダイレクト過ぎて下請けっぽい印象が拭えないので、そうだな...「ライブラリー事業部」なんてのは、どうだろう。

NPO法人地域資料デジタル化研究会 ライブラリー事業部
デジ研ではすでにアーカイブ作成班というユニットが活発な活動をしているし。

この考え方は、いいかもしれない。
将来的には、ミュージアム事業部とか地域コンテンツ事業部、ワークショップ事業部(教育普及事業部)とか...増えていくと楽しいなぁ。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2007-12-28 00:35 | NPO | Comments(0)
<< デジタルライフ ヘルパー (D... 企業のようなNPO、NPOのよ... >>