続・地域コンテンツとしてのペーパークラフト

ブログにあげて見るものですね。
さっそく、地域コンテンツとしてのペーパークラフトに対して、もうすでに取り組んでいらっしゃる方から、情報をいただきました。

失われていく地域の資源...財産...「お宝」をペーパークラフトというカタチで、後世に特に子どもたちに伝えて行こうとする事業です。やるなぁ、川崎市!

 ・つくってみよう!宝物ペーパークラフト 川崎市

 ・国有形登録文化財「川崎河港水門」
 ・「河崎万年屋」

さらにお宝は追加されるようなので、注目ですね。

...これを機に、「地域コンテンツとしてのペーパークラフト」を本格的に取り組んでみようかな...。地域資源ペーパークラフト化研究会(略してペパクラ研)...とか。特に、建築とか構造物が取り壊されるのって、本当に忍びないんです。
[PR]
by maruyama_takahiro | 2008-01-06 13:03 | 地域コンテンツ | Comments(1)
Commented by 影月 at 2008-01-22 05:06 x
突然の書込み失礼します!
<< 【募集】地域資源ペーパークラフ... 公の施設...がたどる未来 >>